特派員だより

しだまち特派員

濱のマスターさん

<焼津市在住・40代・男性>

45歳のときに病気で身体に障害を持ちましたが、現在、市民大学に通っております。
以前していたブログを含め、現在3年程街の出来事や私の日常の出来事などを綴っています。
趣味はリハビリを兼ねて作っている家庭料理です。

林叟院のお地蔵さん

2012/2/1

焼津市坂本の高草山のふもとにある林叟院の入口というか参道沿いの地蔵堂の横に古い数百体のお地蔵さんがぎっしりと並んでます。
新しいお地蔵さんは地蔵堂の中や反対側にあるのですが、でも私にはこの古いお地蔵さん達が気になります。

たぶん何百年も前に作られたお地蔵さん達なのでしょう。

中には壊されて顔の無いお地蔵さんもいます。

たぶん明治の廃仏毀釈の時に壊されたのか?

バーミヤンの石仏がタリバンに破壊された映像を思い出します。
こんなお地蔵さんを見ると日本人もタリバンも変わらないように思えます。

いろんな時代背景があったからだとは思いますが、頭に苔を被ったお地蔵さんもいっぱい居ます。

林叟院は鎌倉時代か室町時代からある曹洞宗のお寺さんだけど、前は焼津の小川の海の傍にあったのを旅の僧のお告げがあって、今の場所に移転したと言われています。
その後に大津波があったそうです。