私達にできる環境保護

学校

学校

地球の明日のことをみんなで考えて、これからもずっと私たちの地球に自然がいっぱいの素敵な地球であるように努力しましょう。
10年後、100年後の後輩たちもこの自然の豊かさを味わうことができるように。

■電気を大切に使おう

電気は主に石油や石炭を燃やしてその熱を利用して作っています。
石油や石炭を燃やすときにたくさんの地球温暖化ガスという、地球の環境を破壊する可能性があるガスを出しています。
ですから電気は無駄のないように大切に使わないと地球の環境をどんどん悪くしてしまう可能性があります。

  • 使っていない部屋や誰もいない部屋の電気はこまめに消しましょう。電気係を作って順番に担当するのも効果的です。
  • 使っていない電化製品は使うときだけコンセントにプラグを刺すようにして無駄な電気を使わないようにします。
    チェックリストを作って下校するときにチェックする工夫も忘れずに。
  • とっても明るいのについつい電気をつけたりしていないかな。
    無理をして電気を消して目が悪くなったら困るけど、消してもわからないくらい明るかったら電気は消すようにしましょう。
■ゴミは必ずわけよう

使い終わった容器などは捨ててしまえばゴミだけれども、再利用出来るものはきちんと分けてリサイクル使用。ゴミだと思っていたものをリサイクルすればまた立派な製品になって帰ってくるよ。こうすれば地球の資源を無駄に使うこともないし、工場から出る地球温暖化ガスも減らすことができるかもしれないよ。

  • ペットボトル、アルミ缶、スチール缶、牛乳パック、白色トレイなどはきちんと洗ってみんなの住んでいる市や町のルールに従ってリサイクルに協力しよう。
  • 新聞やオリコミ広告、使い終わって要らなくなったノートはゴミとして捨てずに、種類ごとに分けてみんなの住んでいる市や町のルールに従ってリサイクルに協力しよう。
    もう一度新しい紙に生まれ変わって帰ってくるかもしれないよ。