新しいエネルギーと環境保護

太陽光発電ソーラー発電

太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を使うことによって、太陽から降り注ぐ光をエネルギー源として
光を電気に変換して発電する仕組みです。太陽から地球上に到達する光エネルギーは1㎡当たり約1kWという膨大なエネルギーなのです。しかも、枯渇する心配がありません。太陽の光というほぼ無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、温暖化対策として有力な解決策の一つです。

太陽光発電はクリーンであることももうひとつの大きな特長です。電気を作るとき二酸化炭素をまったく排出しません。日本のもつ太陽光発電技術は、世界でもトップクラスあり、これからも日本が先頭を切って導入の促進をすることが期待されています。

また昼間、太陽光で発電した電気のうち家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます。電力会社が買い取る価格は、みなさんが電力会社に支払っている電気代とほぼ同じです。電気を売った際の代金は自動的に行われるので、計測や申告などの面倒は一切ありません。売った電気の代金は契約者の口座に振り込まれますから環境保護と同時に楽しみも増えるのです。

風力発電と同様に自然の恵みを利用した地球に優しい発電方法です。

資料提供 東海ガス株式会社